少女マンガのとりこ♡

少女マンガ愛を語るブログです(^^)

【感想】椿町ロンリープラネット/やまもり三香先生

こんにちは!ぽーちゃんです

 

本日も大好きな作品の感想を書きたいと思います!

 

✨❁『椿町ロンリープラネットやまもり三香先生❁✨

 

www.s-manga.net

 

2015年から2019年まで”マーガレット”で連載されていた作品です。やまもり先生は『うるわしの宵の月』という作品が「このマンガがすごい!2022」オンナ編で第4位になっている大人気作家さんです。

 

主人公の大野ふみが父の借金返済のため小説家木曳野暁(きびきの あかつき)の家に住み込み家政婦をしていくうちに二人が恋に落ちていくラブストーリーですね。

 

私はやまもり先生の作品が大大大好きです!!

先生の作品の絵がとても好みで、女性は可愛く綺麗に、男性はカッコ良く、いつも絵画を見るかのように見入ってしまっています。横顔(特に鼻や顎のライン!!)や流し目の絵なんかも超美しい💖キャラによって目の形や輪郭とかも変えられていて絵のテクニックがすごいな~といつも思っています。本作品は特に表紙のイラストや背景が全部おしゃれで部屋に飾りたいくらいです。イラスト集が出てくれないかな…と密かに期待しています。本当にやまもり先生の絵は癒しです。

あとはやまもり先生の作品はロマンチックだな~と感じながらいつも読んでいます。ふみが恋に落ちる理由とかが深くてお話し自体が美しいなと思います。

 

本作は2019年まで連載していた比較的最近のお話しで、時代設定も現代ではあるのですが、全体を通して昔懐かしい日本的なもの、和風な感じに纏められていて、私は大好きです。まずの住む家がまず古そうな日本家屋!そしてふみの作る料理も和食が多めだったり、洗濯物は庭で干していたり、1960~1970年代の話だよと言われても「あぁそうなんだ~」って言っちゃうかもしれないです笑

ふみはですね、母親を早くに亡くし、また父親も借金をつくってマグロ漁に出稼ぎに行ってしまうという悲しい生い立ちではあるものの、容姿端麗、料理も家事も得意でしっかり者、服のセンスも抜群、学業成績も良好…という、出来すぎなくらいザ・良い女!に育っているんですね。自分とは程遠いけどこんな女性が近くにいたら絶対好きになるし憧れます。全体的に美しくてドラマチックな完成された作品を温かい気持ちで読んでいました

 

やまもり先生の『うるわしの宵の月』も今後をとても楽しみにして応援しております~!!